長崎 ぶどう狩り ぶどうの森 (森巨峰園)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森 (森巨峰園)

HOME > ぶどうアラカルト

ぶどうの森 森巨峰園で栽培(露地栽培)している、ぶどうの品種及び当果樹園オリジナル加工品(アイスクリーム)をご紹介します。
※収穫時期は8月中旬~9月上旬となります。品種により収穫時期が違いますのでご注文の際にお尋ねください。

黒いぶどうの品種

巨峰(キョホウ)種なし

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

【正式な品種名は「石原センテニアル」】
キョホウ(巨峰/きょほう)は大井上理農学研究所の大井上康氏により石原早生とセンテニアルを交配させて作られたブドウで正式な品種名は「石原センテニアル」と言います。
1945年に発表され、1955年に「巨峰」の名称で商標登録をされています。
巨峰という名前の由来は、開発された農学研究所から見える雄大な富士山にちなんで付けられたそうです。
【実となる粒の数を間引く事で糖度をあげる】
巨峰は花が咲いた後そのまま実を付けさせると700gから800g程の大きな房になり、色も薄く赤いブドウになり、糖度も今の物よりずっと低く美味しいブドウになりません。
花が付いたら適度に間引きし、粒の数を調整する事で一粒一粒に栄養がたっぷりといきわたり、色も黒くなるようにしています。
【近年では種無しが主流に】
巨峰はもともと種がある品種ですが、近年では種無しの方が好まれる傾向にあるため、ジベレリン処理された種無し巨峰が多く出回るようになりました。
※旬の食材百科より引用

価格 1Kg 1,300円

完売しました

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

赤いぶどうの品種

クイーンニーナ(数量限定品)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

「安芸津20号」×「安芸クイーン」
クイーンニーナは(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所が1992(平成4)年に「安芸津20号」と「安芸クイーン」を交雑させ、生まれた実生から選抜育成したもので、2009(平成21)年に登録出願、2011(平成23)年に品種登録されました。
登録されてからまだ数年しか経っていない新しい品種で、食味に優れた大粒の赤色ぶどうとして注目されています。
【クイーンニーナの特徴】
『果房の大きさはやや大、果房の着粒密度は粗、穂梗の長さはかなり長、穂梗の色は緑、果粒の大きさは極大、果粒の形1は倒卵形体、果皮の色は赤、果粉の多少はやや多、果皮の厚さは中、果皮と果肉の分離性はやや難、肉質は崩壊性、果汁の甘味はかなり高、果汁の多少は多、果実の香りはフォクシー、熟しょうの色は暗褐、花振るいの多少は多です。』
また、このぶどうを育成した農研機構のホームページには以下の通り紹介されています。
『「巨峰」よりやや遅く、「ピオーネ」とほぼ同時期に熟する赤色ブドウです。
満開時と満開10~15日後の25ppmジベレリン処理により、果粒重は「巨峰」や「ピオーネ」より大きい18g程度の無核粒となります。
収穫期の糖度は22%程度、酸含量は0.4g/100ml程度であり、「巨峰」や「ピオーネ」より高糖低酸です。
肉質は崩壊性で硬いため、食味は優れています。
渋味はなく、はく皮性は「巨峰」と同程度か、ややはく皮しにくい。
脱粒性は「巨峰」と同程度かやや少なく、日持ち性は概ね「巨峰」、「ピオーネ」と同程度です。』
※旬の食材百科より引用

価格 1Kg 2,000円

完売しました

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

青い(緑色の)ぶどうの品種

シャインマスカット(数量限定品)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

「安芸津21号」に「白南」を交配して育成されたもので、果皮の色が黄緑又は黄白、果粒の形が短楕円で大粒の育成地(広島県豊田郡安芸津町)では8月中旬に成熟する早生種です。
甘味は高、酸味は少、渋味は無~極少、香気はマスカット、果汁の多少は多、種子の数及び形は中、大きさは大です。
【シャインマスカットの特徴】
シャインマスカットは2006年に品種登録されたばかりのまだ新しい品種の白ブドウです。
マスカットの香りと高い糖度、そして何よりも皮ごと食べられるという特徴があります。
マスカット・オブ・アレキサンドリアほど栽培は難しくなく、その分価格も手頃で、コストパフォーマンスが非常に高いブドウといえます。
※旬の食材百科より引用

価格 1Kg 2,300円

完売しました

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

ロザリオ・ビアンコ(数量限定品)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

【ロザリオ・ビアンコの概要】
ロザリオビアンコは山梨県の植原葡萄研究所において、1976(昭和51)年に「ロザキ」に「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配し生まれた実生を育成した白ブドウ品種で、1987(昭和62)年に品種登録されました。
露地栽培も可能な大粒高級ブドウとして生産者にも人気が有り。消費者にも店頭に並ぶ白ブドウ品種の中では、シャインマスカットに並ぶ人気のブドウとなっています。
【ロザリオ ビアンコの特徴】
ロザリオビアンコは房全体も大きく、果梗と果粒がしっかりと付いているため脱粒しにくく、輸送性に優れています。
果粒は一粒8~15gと大きく、倒卵形で、果皮の色は明るい黄緑色をしていて、やや厚みがあり、果肉としっかりと付いているため皮が比較的むきにくいブドウです。
果肉は透明感のある黄緑色で、やや締りがある崩壊性で、口に入れたときにしっかりと存在感が感じられます。
噛むと果汁が滴るようにあふれ、甘みが強い割りに酸味が少なく、糖度の割りにまろやかな甘みを感じます。
香りはありません。
皮はむきにくく、薄いものは皮ごと食べる方が良いでしょう。
ただ、種が少し入っているので、噛むとき注してください。
※旬の食材百科より引用

価格 1Kg 2,000円

完売しました

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

加工用ぶどう
(ジャム・ジュース等へ)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

そのまま生でも食べられますが、通常商品とは区わけした訳あり商品のため、業務用または、ご家庭等でジャムやジュース用としてご利用ください。

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

チリンチリンアイス(巨峰)

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森
長崎 ぶどう狩り ぶどうの森

当果樹園の巨峰を原料にした、長崎名物のチリンチリンアイスです。
「ちりんちりんあいす」は一般のアイスクリームとは異なり、驚くほど低カロリーです。
また、口に含んだ時の氷菓独特の爽やかさが特徴で、昔から長崎で多くの人に愛されてきました。
「ちりんちりんあいす」は長崎の夏の風物として現在は日本全国にその名前が知られるようになってきました。
ちりんちりんあいすの由来
昭和30年代、子供向けの紙芝居や豆腐、野菜などの行商で売り歩く際に鐘を鳴らして長崎市内を回っていました。
これと同じように当時は三角頭巾に割烹着姿で屋台を押し、鐘を鳴らして流し売りをしていたことから「ちりんちりんあいす」と命名されました。
今は町中で鐘を鳴らす事はなくなりましたが、実は現在も屋台には当時のままの鐘を置いています。
ぜひ実際にお確かめ下さい。
※地方発送・持ち帰り不可(来園時のみ販売)
製造委託会社:前田冷菓 内容料:95ml 250円(税込)

会社概要・アクセス

会社名 有限会社 フォレストファーム
果樹園名 ぶどうの森
代表者 森 康博
所在地 〒851-2101
長崎県西彼杵郡時津町西時津郷390
営業日 【ぶどう狩り】
9:00~16:30
シーズン中(8月中旬~9月上旬)は休みなしで営業しております。
事業内容 農業部門 農業生産法人
栽培品種 ■ 巨峰(種なし)
■ シャインマスカット(数量限定品)
■ ロザリオ・ビアンコ(数量限定品)
■ クイーンニーナ(数量限定品)
■ 安芸クイーン(数量限定品)
■ ハニービーナス(数量限定品)
駐車場 完備:2~3台
満車の場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。
FAX 095-882-6988

お気軽にご予約・お問合せください。

長崎 ぶどう狩り ぶどうの森 (森巨峰園)